サイトメニュー

若返りに便利

カウンセリング

気になる表情ジワに対応できます

ボトックス注射はメスなどを使わないプチ整形として有名で、注射するだけで目尻の笑いジワや眉間・額にある根深い表情ジワなどを改善することが可能です。ボツリヌストキシンはボツリヌス菌から作成されたタンパク質の一種で、一過性の筋肉麻痺を生じることができます。以前から眼科や神経内科などの領域において、眼瞼や顔面痙攣といったいろいろな治療に利用されてきました。ボツリヌストキシンを使った治療は「ボトックス注射」として知られており、特に表情ジワを予防するのに有効的です。簡単に施術することができ持続期間があります。目尻や眉間・額などの表情ジワを改善することができ、脳が筋肉を動かすよう指令を出す際に分泌される神経伝達物質であるアセチルコリンなどの放出を止める作用があります。注射した部位の筋肉の動きが止まり表情ジワが刻まれることを予防することが可能です。エラに治療することができ、食べ物の咀嚼で発達しているエラ部分の咬筋に注射することによって緊張しているエラをスリムにすることができます。角ばった輪郭を改善することができ、憧れの小顔に仕上げることができるでしょう。微量を皮膚の浅い部位に注射すると、筋肉全体ではなく表面繊維だけ働きを弱めることから、顎から首、ほうれい線の横の肉や眼の下のたるみなどをリフトアップすることが可能です。ふくらはぎにも利用することができ筋肉を退縮させることから、ふくらはぎを細くすることができる部分痩せ効果があります。いろいろな効果を実感することができるので、幅広い世代の人が利用しています。
ボトックス注射は多汗症治療として効果的で、神経伝達物質であるアセチルコリンから伝達される交感神経により汗腺から分泌するのが汗です。多汗症の人は交感神経が過度に働き、大量の汗をかくことが多いです。注射するとアセチルコリン分泌を阻害することができ、交感神経がブロックされるので発汗を抑制することができます。施術を受ける前、医師とのカウンセリングを受けることができるのでいろいろな効果をヒアリングすることが可能です。一度に多くの量を注入しないで調整してくれるので、安心して施術を受けることができるでしょう。いろいろな種類の薬剤がありますが、アメリカ・アラガン社の製品を使っているクリニックは多く、眉間や目尻の表情じわなどに対して利用されています。できる限り痛みを抑える施術を施しており、痛みが心配なら麻酔クリームなどを利用することが可能です。施術中の痛みはほとんどなく、治療した後の内出血はほとんどありません。当日からメイクをして自宅に帰ることができ、翌日からは仕事にも行くことができます。一般的な施術の流れとして、注入を希望する部分のメイクを落とした後カウンセリングを受け、なりたい輪郭のイメージなどをヒアリングしながら医師がシワや顔筋などの状態をチェックしていきます。無痛治療を希望する人は麻酔クリームを塗布してくれるので、痛みや不安などを軽減することが可能です。お肌をクーリングしながらシワや小ジワ・エラなどにボトックスを注入していきます。しばらく赤みが出る人もいますが、しばらくするとましになっていくので心配ありません。

Copyright© 2019 手軽に行える美容整形として人気の施術方法 All Rights Reserved.