サイトメニュー

額のシワもプチ整形で解消

注射器

筋肉に直接アプローチしてシワを消そう

美容外科クリニックでは様々な美容整形が行われていますが、その中でも特に人気を集めているのがメスを使わないプチ整形です。プチ整形はメスを使うことなく見た目を変えられるという手軽さと、傷跡が残らない安全性・費用が比較的リーズナブルということで選ばれています。年齢を重ねると目立ってくるシワもプチ整形で解消できるのですが、額部分に入ったクッキリしたシワはボトックス注射が有効です。ボトックス注射はボツリヌス菌という菌から作られた、ボツリヌス製剤を注射器で注入するという施術で、額のシワを解消するのに向いています。施術にかかる時間はわずか10分程度、ダウンタイムの心配もほとんど無いので美容整形を初めて受けるという人も、チャレンジしやすいのではないでしょうか。ただ、手軽なプチ整形ではありますが施術を受けた後は、シワ取りの効果を落とさないために気を付けたいポイントがあります。シワがコンプレックスになっている人は習慣的に、顔のマッサージやエクササイズをする人が多いようです。顔にボトックス注射を行った後は、マッサージ・エクササイズといったケアを行わないようにしましょう。なぜかというと、せっかく注入したボツリヌス製剤がマッサージやエクササイズで動いてしまい、分散してしまう可能性があるからです。薬剤が分散してしまった場合、ボトックス注射のアンチエイジング効果が薄れてしまうので注意しましょう。マッサージやエクササイズは術後、約3日から4日程度控えるというのがボトックス注射を受ける際に気を付けたいポイントです。
おでこに真っ直ぐ横に入った深いシワがあることで、実際の年齢よりも老けて見られることに悩む人も少なくありません。おでこに入る深い横じわは、おでこ部分にある筋肉を過剰に使うことでできる「表情じわ」と言われています。目を見開くクセがある人の中には、まぶたの筋肉ではなくおでこの筋肉を使い、まぶたを引き上げているケースがあるようです。このような筋肉の使い方をする癖がある場合、おでこの皮膚が強く折りたたまれ筋肉を使わなくても、元に戻らない横じわができるリスクが高まります。筋肉の動きのクセによってできるシワということもあり、いくらスキンケアを丁寧に行っても消えることはありません。おでこにクッキリと入った深いシワを改善したい場合は、ボトックス注射という筋肉に直接アプローチするプチ整形がおすすめです。ボトックス注射で使用するボツリヌス製剤は、アセチルコリンという神経伝達物質の量を減らす効果があります。この作用によって筋肉を動かすという指令が、おでこの筋肉に伝わりにくくなり結果、シワができにくい状態となるのです。ボトックス注射は美容外科クリニックであれば、ほとんどで受けられるメジャーなプチ整形ですので、比較的チャレンジしやすいでしょう。ただ、クリニックによって使われているボツリヌス製剤の種類が異なるので、その点を考慮してクリニック選びを行う必要があります。現在、厚生労働省が安全性と有効性があるとして、認可しているボツリヌス製剤は1種類のみとなっています。厚生労働省が認可していないボツリヌス製剤だと、シワ取り効果が期待できない恐れがあるので、その点は注意したいポイントです。

Copyright© 2019 手軽に行える美容整形として人気の施術方法 All Rights Reserved.